SEO塾セミナーにおける情報の受け取り方を最適化した効果とは

セミナーではハズレと思われないように努力しています。幸いにもその努力は報われています。

おかげさまで、毎回、好評を頂いておりますSEO塾セミナーですが、このエントリーでは、セミナーについての受講のコツなどを講師経験者として言及してみたいと思います。

これまでに、様々な内容のセミナーに参加された方も多いでしょうが、あたりハズレがあったのでありませんか?
これは講師に責任があるのか受講者の受け取り方の問題なのか、どちらなのでしょう。


“SEO塾セミナーにおける情報の受け取り方を最適化した効果とは” の詳細は »

ウェブマーケティングに疎いまま参入するする場合の予想される悲劇

ウェブ戦略に疎いことの自覚も無しに独断でウェブマーケティングを実行することは投資ではない。

ウェブサイト制作の目的を曖昧にしていると、ランニングコストだけを食ってしまう、お荷物資産と化してしまいます。

会社や事業の総合案内が目的なのか、訪問者に何らかのアクションをして欲しいのか、これが明確になっておらずダラダラと運営しているのは、ビジネス機会損失以外何物でもありません。

既に時代は、お飾りサイト不要になってきています。


“ウェブマーケティングに疎いまま参入するする場合の予想される悲劇” の詳細は »

「何それ?」と言われたソーシャルブックマーク登録ボタン群の必要性

ブログのソーシャルブックマーク登録用ボタン群は必要なものかそれとも飾りか。知っている人教えて。

ブログを見ていて、ガジェット(ウイジェット)やソーシャルブックマークのボタンリストの塊を見ていると、結構、邪魔だなあと思うのですが、皆さんはどうですか?

RSSボタンとツイッターのボタンまであると、押してもらうためにあるのか、それとも装飾のためにあるのか、はっきり言ってわからなくなります。
このままでいいんですかね?


“「何それ?」と言われたソーシャルブックマーク登録ボタン群の必要性” の詳細は »

 

ネットマーケティングの警鐘を自ら鳴らし続けるマーケッターとは

「リストの教育」という薫陶を受けたエセマーケッターのしたり顔ビシネスは見ていられない。

メールマガジンを発行した後、バックナンバーをブログで公開して、そのブログからも集客をするという手法は、特別珍しい方法ではないですよね。

逆に、バックナンバーは有料会員制にして、会員のみ閲覧可能ということでも、何ら問題ないわけです。
メールマガジンとして配信したテキストコンテンツは、加工すれば、何度でも再利用が可能です。
情報コンテンツのメリットですよね。


“ネットマーケティングの警鐘を自ら鳴らし続けるマーケッターとは” の詳細は »

ターゲットユーザーが明確でコンセプトがわかりやすいコンテンツを

ハウステンボスは現在必死に再建の道を歩んでいますが来場者にわかりにくいコンセプトは如何なものか。

突然で恐縮ですが、東京ディズニーリゾートは相変わらず、集客力は素晴らしいですね。
方や九州は長崎県のテーマパークである「ハウステンボス」は、再建方法等をめぐってドタバタしましたが、旅行業大手のH.I.Sの手によって再生されることになっています。

テーマパークの運営は、非常に難しいと聞きます。
同じ場所に何度も訪れるような仕掛けがないと、客足はパッタリ止まりますからね。


“ターゲットユーザーが明確でコンセプトがわかりやすいコンテンツを” の詳細は »

 

ウェブサイトの高い離脱率の原因は訪問者心理の掌握不足の面もある

実店舗の人間観察はお客さんと販売員の心理の参考になる。ショッピングモールでデモマーケティング。

暇なアパレル系ショップに共通することなんですが、販売員さんの服装がオシャレ過ぎるということがあるようです。
これ、お客さんの心理からすると、非常に店舗に入りづらいのですよ。

もちろんアパレル系ですから、販売員さんも自社商品のモデルとしての役割もあるでしょうから、きれいな着こなしはわかります。
ただ、実際は、販売員さんが明らかにモデルさんレベルだと、瞬間的に「私には不釣合いな店」と判断するのだそうです。


“ウェブサイトの高い離脱率の原因は訪問者心理の掌握不足の面もある” の詳細は »

SEOで会社が救える可能性があるならば行って救ってあげたい

SEOコンサルタントの本分は困っているウェブサイトオーナーを救うこと。SEO魂が疼く理由とは。

SEOコンサルタントは極論すると、運営に困っているウェブサイトオーナーの正義の味方、でありたいと考えているフシがあります。
この職業を選んだのは、単純にSEOが好きということが、動機の9割を越しているかもしれませんよ(笑)

それぐらい、トラフィックの少ないウェブサイトを見てしまうと、どうにか再生したい、輝かせたいと思うわけです。
強烈なSEO的ナルシズムが疼くと言ってもいいかもしれません。


“SEOで会社が救える可能性があるならば行って救ってあげたい” の詳細は »

 

クライアントからキーワードを聞くタイプのSEOサービスの成果を見る

SEO屋が検索マーケテイングの能力が必要な理由。クライアントにキーワードを聞いて上位表示で成果は?

SEO業者とSEOサービスを検討している見込み客とをつなぐ、SEOブローカーはビジネスとして需要はあるでしょうかね。
SEOサービスを受ける際のカウンセリングをするのです。

SEO業者の選び方っていうエントリーが、SEOをテーマにしたブログやSEO業者が自ら冊子を作って配布したりしていますよね。
需要は少ないかも知れないですが、そんな体系的な仕組みがあれば、もっとSEOを普及させられるのではないでしょうかね。


“クライアントからキーワードを聞くタイプのSEOサービスの成果を見る” の詳細は »

「こんな記事もあります」機能

Yahoo!ブログは、記事を投稿すると、似たような内容の記事を紹介する機能があります。
記事を投稿すると、投稿完了画面に、次の項目が表示されます。

  1. 「記事の投稿が完了しました」
  2. 「記事の内容にあったカテゴリに投稿して訪問者を増やそう」
    (「候補カテゴリ」が5つ表示される)
  3. 「こんな記事もあります」
    (他のブログの記事が5つ表示される)


“「こんな記事もあります」機能” の詳細は »